フルーツ青汁で便秘解消効果を得たいなら | 飲みやすい!ダイエットにお薦めのフルーツ青汁口コミ比較サイト

alt_02

フルーツ青汁で便秘解消効果を得たいなら

青汁は健康に良いですが、具体的にどのような効果が得られるのでしょうか。明日葉、ケール、大麦若葉、桑の葉、その他ゴーヤーや緑茶、よもぎなどを上記原料に配合して作られている青汁などがあり実に多彩です。比較的代表的な上記4つの原材料について、含まれる栄養などについてご紹介します。

青汁を原料を調べてみましょう1

【明日葉】明日葉はセリ科の植物で多年草、日本固有の野菜です。その栄養価は非常に高く、強い生命力を持っています。明日葉には、ビタミンB1・ビタミンB2・食物繊維・ミネラルなどが豊富に含まれており、この他にも明日葉特有の「カルコン」というポリフェノールの一種が含まれています。【ケール】原料として非常にポピュラーなケールは、キャベツの原種だそうです。ケールには、食物繊維・カルシウム・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンEなどが豊富に含まれています。他の青汁の原料にはないメラトニンを含むため、安眠効果も期待できます。残りの2種類もご紹介しましょう。

青汁を原料を調べてみましょう2

【大麦若葉(おおむぎわかば)】大麦若葉は、大麦の穂が出る前の青々とした栄養満点の若葉のことです。食物繊維・各種ビタミン・ミネラル・カテキン・SOD酵素など豊富な栄養を持っています。SOD酵素は、活性酸素を押える働きがあります。【桑の葉(くわのは)】桑の葉は、蚕の餌としてもしられている植物で、栄養価が高い植物です。各種ビタミン・ミネラル・食物繊維・各種フラボノイド・カロテンなどが含まれており、カルシウムやカロテンの含有量は群を抜いています。これで知識は完璧、いえいえここからが本題です。青汁ってどうやって飲むのが効果的なのでしょうか。

効果覿面、青汁のベストな飲み方

栄養やお腹を満たすのにはまさにピッタリの朝食の定番『バナナ』で効果倍増が期待出来ます。バナナも青汁も、とても体に良いもの。食欲のない朝にはぴったり、十分な栄養と更には便秘解消効果もみられます。実はこの2つは共通点が多いのです。例えば栄養素の高さ。バナナはタンパク質、カリウム、マグネシウム、各種ビタミンが豊富に含まれています。青汁は原料によりますが、どれも便秘解消に役立つ食物繊維や、各種ビタミンが豊富です。そしてバナナは腹持ちするという点で青汁の弱点のフォローになります。またどちらもそれほどカロリーは高くないのです。ダイエットの組み合わせとして挙がるほどですし、実際に「青汁豆乳バナナ」のダイエットもあります。それにバナナにも青汁にも食物繊維が含まれていて、腸内環境を整えるのに合っているのです。

まとめ

相乗効果も期待でき、1日のうちの一食を「青汁豆乳バナナ」にすればダイエット効果にもなりますし、青汁もなんなく飲めます。まさに一石二鳥です。ダイエット目的ではなくても、朝食の習慣に一杯、試されてみてはいかがでしょうか。フルーツ青汁で健康第一歩

オススメ記事

すっきりフルーツ青汁

青汁と言えば、健康には良くても、苦くてマズイイメージがありますが、こちらの青汁に関しては、全くそれが気になりません。飲みやすい爽やかなオレンジやピーチ、パインなど、フルーツの味がはっきり確認する事が出来ますから、色こそ青汁の色ですがすっきりフルーツ青汁ならあまり抵抗なく飲めます。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

めっちゃたっぷりフルーツ青汁も、苦手な青汁でも大多数の人が抵抗なく飲めるでしょう。それでもアウトだと感じれば、一か月以内であれば返品する事も可能です。一日一袋、すっきりフルーツ青汁同様、水に溶かしてさっと飲むだけで、美容にも良く、ダイエット効果も抜群です。二つ揃ってお勧めです。

TOP